芋國屋の焼き芋 イメージ
グルメ

【芋國屋 柏の葉店】通販人気のさつまいも専門店 初の常設店舗オープン、焼き芋・干し芋・芋けんぴ・安納芋バターやシェイク・ソフトクリームも/千葉県柏市

芋國屋(いもくにや、千葉県流山市)は11月5日(日)午前10時、初の常設店「芋國屋 柏の葉店」をグランドオープンする。11月4日(土)午前11時から午後3時まで、プレオープンも実施する。

【やきいもフェス2023-2024】東京・大阪・福岡で順次開催、品種食べ比べやスイーツで“最強の至福空間”に【会場概要・日程概要】

芋國屋 柏の葉店
芋國屋 柏の葉店

芋國屋とは

芋國屋は2021年1月創業。国産さつまいもを無添加の自然食品に加工し、ECサイトによる通信販売で全国に届けている。「365日どこの地域でも2日以内に」商品を届けられるという。

主な商品は干し芋や焼き芋・芋菓子など。1kgなど大容量でまとめて購入できる商品から、贈答用の質の高い商品、複数の品種を詰め合わせたセット商品と、幅広いアイテムをラインナップする。

味や値段も工夫し、日常生活のなかで気軽に購入できるような価格設定、「この値段ならば他より安いし、子どものために買ってあげよう」と親が思える価格設定を大切にしているという。

創業から1年半の時点で、ネット通販では1日1万件以上の注文を記録。楽天市場では総合1位を獲得した。

芋國屋の商品は添加物不使用のため、さつまいも本来の甘さや食感を存分に楽しめる。また、子供や妊娠中の女性、年配の人でも安心して食べられる。

TBSテレビのバラエティ番組「マツコの知らない世界」で紹介された「芋けんぴ」は芋國屋おすすめの商品。芋けんぴのような芋菓子も、最低限の調味料でおいしく仕上げているという。

【おいも万博2023秋】横浜・大阪・名古屋で開催、焼き芋食べ比べやスイーツなどサツマイモ満喫できるフードフェス【出展予定店舗一覧】

芋國屋 柏の葉店 店舗概要

  • 住所 千葉県柏市十余二164-77
  • 駐車場 9台
  • 電話番号 04-7197-5513
  • 営業時間 10時~18時
  • 定休日 月曜

「芋國屋 柏の葉店」店内は白を基調とするシンプルなデザイン。広々とした空間でゆっくりと買い物を楽しめる。

芋國屋 柏の葉店
芋國屋 柏の葉店

【スシロー『おいもフェス2023』】ひんやり焼き芋ブリュレ・お芋ころっとクランブルパイケーキ・おさつ&紫いもの満喫パフェ・お芋とカラメルマーブルカタラーナ発売

「芋國屋 柏の葉店」取扱商品

店舗限定「イモノーメ」「イモノワール」やソフトクリームも

芋國屋初の常設店「芋國屋 柏の葉店」では、「いつものいいもの」をモットーに品揃えしているという。看板商品「茨城産紅はるかの干し芋」をはじめ、人気のさつまいもスイーツを販売する。通販サイトでは買えないオリジナル限定商品として、さつまいもシェイク、さつまいもソフトクリームも提供する。

芋國屋は「さつまいもの魅力がたっぷり詰まった店舗へぜひ、お越しください」「ここでしか味わえないプレミアムな一品をぜひ、ご賞味ください」などとしている。

主な取扱商品

  • 紅はるか干し芋
  • 冷凍焼き芋(紅はるか、シルクスイート、安納芋、紫芋)
  • 芋けんぴ
  • 焼き芋ジェラート
  • さつまいもフィナンシェ
  • 安納芋バター

「芋國屋 柏の葉店」店舗限定商品 イモノーメ(黒糖ゼリー入り) 税込650円

芋國屋 柏の葉店「イモノーメ(黒糖ゼリー入り) 」
芋國屋 柏の葉店「イモノーメ(黒糖ゼリー入り) 」

「芋國屋 柏の葉店」店舗限定商品 イモノワール(芋ケンピ入り) 税込600円

芋國屋 柏の葉店「イモノワール(芋ケンピ入り)」
芋國屋 柏の葉店「イモノワール(芋ケンピ入り)」

「芋國屋 柏の葉店」店舗限定商品 ソフトクリーム 税込400円

芋國屋 柏の葉店「ソフトクリーム」
芋國屋 柏の葉店「ソフトクリーム」

【タルト専門店トルタイシーオ】千葉・イオンタウンおゆみ野店内にオープン 関東初進出、フルーツたっぷり“月間8万個”、関西2店め「大阪豊中店」も

「芋國屋 柏の葉店」グランドオープン記念 もれなく干し芋100gプレゼント

「芋國屋 柏の葉店」では11月5日、グランドオープンを記念し、1グループにつき1点、茨城県産紅はるかの個包装干し芋100gをプレゼントする。

芋國屋 茨城県産紅はるか干し芋「雪の華」
芋國屋 茨城県産紅はるか干し芋「雪の華」

さらに、「芋國屋 柏の葉店」の公式LINEを友達追加した人は、税込1000円以上の買い物で使える200円OFFクーポンを発行する。

【セブンイレブン「まるでお芋」実食レポート】もちっと食感の生地×ほんのりバニラが香るさつまいもあん

芋國屋 創業の背景に食品ロスの危機

なお、芋國屋によると同社の創業の背景には、コロナ禍の影響を受け、創業者の地元・茨城の干し芋が食品ロスの危機に直面している状況があった。

農家は作ることに対して専門家ではあるが、販売に関しては伸び悩む部分があり、ECサイトを立ち上げた。干し芋は冬に出回る高級品のイメージが強く、イメージを変えて日常的に手軽に食べられる健康食品として、全国に広めていきたいという思いもあったという。

芋國屋 公式サイト